Exhibition

yy_main_0126.jpg

Yumiko Yasuoka   Journey, 2022

Pigments and carbon-copy on japanese paper

Past exhibition

 

安岡 友美子

Journey

 

February. 5 - 27, 2022

12 pm - 6 pm

Closed: Monday and Tuesday

ギャラリー・エーは、2月5日(土)から2月27日(日)まで、安岡友美子の個展を開催致します。

本展は、「Journey」という言葉をタイトルに据え、自身の人生における変化や、家族との記憶を「旅」として再考し、 麻紙に岩絵具やカーボンコピーを用いて表現されたビジュアル作品約40点と木製ケースと共に構成されたインスタレーションを発表いたします。

 

ギャラリー・エーでは初めての個展となります安岡友美子は、女子美術大学日本画専攻を卒業し、主に岩絵具、麻紙、金属箔など日本画の素材をベースとした作品を制作しています。 その表現スタイルは、花鳥風月を描く伝統的な日本画とは少し異なり、自然素材の美しさに敬意を表しながらミニマルでポエティックなイメージを生み出すのが特徴です。 近年は、木製のケースで構成されたインスタレーションも重要な表現要素に加わり、静寂な佇まいでありながら美しさと豊かさを併せ持つ際立った存在感を放っています。

 

表現される主題は内観的に湧き上がる感覚が主なきっかけとなっています。 「目の前の個人的で小さな出来事を見つめる近視眼的な視点とマクロな観点を行き来しながら、綿々と紡がれる世界の営みについて思慮している」 という彼女の意識には、独りよがりさはなく、人や環境・社会への、優しい眼差しに溢れています。 そこからうまれる発想はアートワークにおける動力となりますが、直接的に表現に込めることはなく、意図的に一定の距離を内在させることで無へ向かって自身の気配が推移することを目指します( 例えば、文章化された想いは他者による英訳を介し、テキストは支持体にカーボン紙で無機質に転写される ) 。  重ねて、繊細な有機素材に触れ、丁寧な手順と向き合う日本画の技法もまた心を研ぎ澄ます瞑想的な作業となり、それらは彼女にとってリアリティから新しいアイデンティティを探求する為の大切なプロセスとなっています。

 

展覧会タイトルと同名の「Journey」という新作のシリーズは、ある日、母親から手渡された一冊のユニークな預金通帳をインスピレーションとした作品です。  

 

私は母から一冊の通帳を受け取りました。これは当時小学生だった私と姉のそれぞれに母が開設した郵便貯金口座の通帳で、幼少期、家族で国内旅行をする度に訪れた先で少額の預金と記帳を行っていたものです。預金の記帳欄には各地の郵便局名の認印が押印され、中には趣向を凝らした個性的なスタンプもありました。通帳のページを見返すと、そこに並ぶのは簡素な活字のみで一見して地味な印象ですが、私にはそれらが、星座のごとく家族旅行の記憶を示す記号のように感じられました。私は人類史は個々の生命が織物のように紡ぐ壮大な旅路だと考えますが、この通帳はかつて家族が旅をした軌跡を単に記録しているのと同時に、家族という単位の上で、個々が歩む旅路が同一線状に重なっていたことを示すひとつの証明でもありました。

この作品では 「ミウラ折り」 の技法を導入し、麻紙を永続性を感じさせ、反復する美しいパターンを持つ立体的な造形に変容させています。 家族と共有した時間の記憶は広がる宇宙を感じさせる支持体へ独自の世界観でスケッチされ、空間には、過去と現在が接続した新しい未来が、様々なトーンの光となって緩やかに輝きだすことでしょう。 ぜひこの機会にご高覧ください。

1/5

Artist Statement

 

社会の大きな変化に立ち会い、その行く末を思い量るさなか、

一方で明瞭に視えてきたのはむしろごく私的ないとなみについてでした。

さまざまな分断を経てまっさらな個となった今、改めて繋がりを脈付けていくなかで、

とりわけ「家族」という小さな共同体への関心が高まったように思います。

幼い頃の家族旅行を記憶した一冊の預金通帳、旅の土産や、行く先で拾い上げた漂着物。

制作中、自然と手元に集まってきた小さなそれらを素直に受け入れながら、

輪郭をただなぞるように描きました。

使用した素材や道具は、日本画に使われる和紙や、絵筆や、絵具。

それらはかつて樹木であり、動物であり、石や貝や珊瑚でした。

彼らもまた個々の記憶を宿し、無数の道すじを標しています。

気の遠くなるような道のりを経て運ばれてきたそれぞれの数奇な境遇。

今回向き合ったのは、彼らの旅路と個人の旅路を束ねるように描いた、

ささやかな追憶のスケッチです。

展覧会概要

安岡友美子  Journey

会期:2022 年 2 月 5 日(土)ー  2 月 27 日(日)

開廊時間:水ー日 12:00 ~ 18:00

休廊日: 月・火曜日

協力:株式会社 井上総合印刷

​終了いたしました