Upcoming  |  Gallery Exhibition
Audrey Fondecave

April. 24 - May 16

12 pm - 6 pm

Closed: April. 26, 27 May.10, 11

ギャラリーエーでは、オードリー・フォンドゥカヴの個展 を4月 24日(土)から 5 月16 日(土)まで開催いたします。本展では、キャンバスやArches Paperに岩絵具などの顔料で描かれたペインティング約20点をギャラリーの2フロアに展示いたします。

 

オードリーはフランスに生まれ、01年より日本に移り住み、以来、東京で意欲的に表現活動を続けています。 ペインティングやコラージュ、インスタレーションなど、多岐にわたる表現形式を用いながら、常に新しいアイデンティティを発表してきました。 同時にインディペンデントマガジン『TOO MUCH MAGAZINE』の編集者・アートプログラムディレクション、また、子どもたちにアートの楽しさを伝える『アカデミー・ボンポワン』のプログラムディレクションも担当するなど多彩な顔を持ちます。

 

近年は、珊瑚、銅、植物など、天然由来による顔料などを用いて、なるべく環境に負荷のない有機的な素材による抽象的なペインティングを描いています。オードリーは自身のアブストラクトな表現スタイルを地質学に例え、何層もの色彩と形態を重ねていく行為を感情や気分を受け入れるための方法だと言います。人間の内面にある自然なもの、不自然なもの、優しさ、強さなど、複雑な葛藤に対して肯定し、拒否や消滅ではなく変化や進化を信じて描きます。顔料が放つ繊細なニュアンスの色と光は彼女のその試みと相性良く共鳴しています。

新作展では、哲学者ライプニッツのモナド論での言葉『The best of all possible worlds』からインスパイアされたテーマをタイトルに 据えています。ライプニッツは「いかにこの世界が混沌として見えようとも、そこには神によって調和、 統一性が保証されており、現実世界は可能なすべての世界の中で最善のものである」と唱えました。この考えは昔も今もオプティミズムすぎると批判もありますが、数学者でもあり論理的思考者であり、機械や 科学を探求していた彼が、宇宙をより高度な創造物として理解しようとしたことに、オードリーは今あらためてたくさんの魅力を感じています。展示タイトル「best」の斜線にはライプニッツの言葉に彼女のアイデンティティを重ねて、比較の価値ではなくそれぞれの人が今、自由な形容詞で世界を感じれたらという希望のメッセージを込めています。

 

モナドの語源はギリシャ語のモナスで「単一」や「魂」を意味します。ライプニッツの哲学では、すべてのものはモナドであり、お互いがお互いを、また、お互いがいるこの世界全体も、それぞれの角度から切り取って反映するとします。 モナドはその視点に応じて宇宙を映し出す生きた鏡と同様で、その視点と同じだけの宇宙が存在します。 この「一」のなかに「多」を含むという多様性、統一性の思想もまたオードリーが興味と情熱を感じるアイデアであり、私たち生命が宇宙の一部であること、そして森羅万象の要素であるという思索が自らの絵画にも反響することを願っています。

開催概要


会期:2021年4月24日 – 5月16日
開廊時間: 12:00 – 18:00
休廊日: 4月26日・27日、 5月10日・11日

※5月5日のイベント中はお客様の安全を考慮し、一時的に入場規制を設けさせていただく場合がございます。

親子向け ギャラリーツアー 

2021年5月5日(水・祝/こどもの日)※満席となりました

【 キャンセル待ちについて 】

ギャラリーツアーは定員に達したため、お申込みを締め切らせていただきました。ただいま【キャンセル待ち】で受付けております。お席が用意できましたらご連絡申し上げますので、ご希望の方は コンタクトフォーム [ キャンセル待ち項目 ]よりご登録くださいますようお願い申し上げます。

*お申込み前に必ず次の注意事項をご確認ください。

1)お席が用意できた場合のみ、キャンセル待ちのお申込み順にE-Mailアドレスにご連絡を差し上げます。
2)お席が用意できない場合は、ご連絡を差し上げませんことをご了承ください。

News Letter

Gallery A

  • Instagram
  • Facebook

© Gallery A. All rights reserved.